« いつか来るのかな?地震 | トップページ | 心構え(2):危機のパターン分け »

2005年6月 1日 (水)

まずは心構え

『備えあれば憂いなし』
『天は自ら助くるものを助く』
『人事を尽くして天命を待つ』

乙女座A型のmadamにとって、どれも座右の銘とする好きな諺だ。
平時の時は自らの過ぎたる傲慢や欲を削ぎ戒めとし、謙虚さと自助努力を促し、有事の時はまた最高の保険と諦めとして作用する。
人生の途上で個人の努力を超えた天災、戦争、病気、事故に見舞われることもしばしばだし、また最近の激変ともいうべき変化し続ける環境&世界情勢において、個人的な危機管理はもはや国民的義務じゃないかと、煽ってみたりする。
世界は変わった9.11以来、いやもしかしたら、ベルリン壁崩壊時が冷戦構造から新世界混沌へのグラウンドゼロだったんだね、今から思うと。madamが〜シャバシャバダ〜と歌ってるうちに、世の中、すっかりドヨヨ〜ンとした暗雲に囲まれてしまったようだ。
湾岸戦争はまだ他人事と思っていた私たちも、ホラ、バブル崩壊後の失われた15年の中で(まだ続いているような気もするが、、)地下鉄サリン事件、阪神淡路大震災で今までの”安全&平和国日本”の常識を覆され、その後も首都直下型地震に怯えながらも新潟、福岡などの大地震、相次ぐ猟奇事件、ついこの間のJR西日本の大惨事と、経験してきたではないか〜?!

この混沌が、ブッシュオジサマのおっしゃるような正義と悪の枢軸国というような単純明快な枠組みに無理矢理はめこまれ、いずれは正義が悪を成敗し、見事に調和された新世界秩序が出現!〜なァんて嘘みたいな未来は、きっと誰もが心の中で”ウソくせ〜っ!”て否定していることだろ。
だって、本人の自覚でしかないものをお金や社会的ステータスなど客観的尺度で、”勝ち組”or”負け組”の二者分けなんて、チャンチャラおかしい!これはまた人生の満足度、”幸せ”それとも”不幸せ”とも置換されるから、「”幸せ”ってナァニ〜?」って各自が自分に問いかけてみて、「これだっ!」ってチラリとも感じられたら、あなたは、そう、”既に勝っているのだ〜!”
あとはその感触を忘れず、少しでも長続きするようにそのコツを習得するコトだ。
真の意味の秩序ある世界って、きっと世界中のひとりひとりが幸せ探しの旅の過程で自然に造りあげられるものなんだろーと、思う今日この頃。
ちなみにmadamは自称勝ち組!キッパリ!(周りの人はウソ〜ッ!っていうかもしれないけど?)

胸を張って確信持って断言するゾ!

だって、子供はいないけど、少々くたびれ気味だが伝書鳩のように毎日帰ってくる夫(毎日どこかで道草喰ってるが、、、)がいて、旅立ってしまったけど最後の瞬間まで一生懸命愛したお猫さまたちがいるし、不治の病い持ちだけど親も存命してて兄弟もいて、友達も沢山、たいしたヒットなくても仕事があり、趣味もわんさか、持っているもの与えられているもの、数えあげてたらキリがない。
もし、自分で負け組認定してるような人がいるなら、まずは欲しくても得られないものを数えて不幸確認するより、今、持っているものを数えて幸せ確認した方が絶対満足度増すこと、間違いないっ!

消去法より、加算法!
そしたら、誰よりも先に我れ先に勝ち組宣言しちゃおう!

さて、話はそれけたけど、そうそう、危機管理の話に戻そう。
こんなオキラク万年オメデタ回路のmadam、もし明日万が一半島方面からミサイル飛んできて死んでしまっても「皆様サヨナラ〜、お世話になりましたァ〜」とあの世にさっさと行っちゃう気がするし、また最愛の人々を失ってもしばらくの涙の後は、彼らが自分にしてくれたことを思い出しその思い出に抱かれて、やっぱ幸せに生きていけるような気もする。

しかし、しかしである。

「あの時、こうしていれば、、」とか、万が一、後悔とか心残りを残したとしたら。。。。?
それにはやはり、そんな”ム、無念、、、!””ウカツ〜!””ヌカった〜!”などの種を今から摘み取っておくのが一番であることは云うまでもない。
一説には6月15日に北朝鮮の核実験説もあるし、それに向けての米の先制攻撃だって否定しきれない。半島から日本までものの10分でノドンミサイル到着っていうから、警報前にドカンなんてのもあるかも?
慌てて立ち上げたこのブログ、地震そしてミサイル攻撃、経済クラッシュなどに備えて、どうぞ有事&非常事態の前にひとりでも多くの方の目に止まりますようにと願いを込めて書いております。
まずは、参考書としてのこのご本。これから何回かに分けて、オバサン的有事対策を披露していきたいと思います。

-『あらゆる危険から身を守る民間防衛 スイス政府編』(原書房)

suis

|

« いつか来るのかな?地震 | トップページ | 心構え(2):危機のパターン分け »

防災&危機防衛」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110528/4363884

この記事へのトラックバック一覧です: まずは心構え:

« いつか来るのかな?地震 | トップページ | 心構え(2):危機のパターン分け »