« 2008年11月 | トップページ | 2009年9月 »

2008年12月

2008年12月14日 (日)

起て飢えたる者よ

最後の悪あがきなのかな.... 。
昨年の夏の金融危機勃発以来、金融機関、企業、、世界中でどんどん国有化が進み、権力が政府に回収されていく。まるで歴史のねじ巻きを逆回転させているかのようだ。

オバマ次期米大統領、景気刺激策は最大90兆円も=WSJ
 2008年 12月 14日
エクアドル大統領が債務不履行宣言、グローバル債の利払い停止
 2008年 12月 14日 08:35 JST
日中韓は金融危機対応などで協力強化=3カ国首脳が合意
 2008年 12月 14日 08:32 JST

”ワーキングプア” "ネットカフェ難民” ”格差社会” ”蟹工船” ”派遣切り” ...
すわりのいいさまざまなコピーの衣をまとった赤の亡霊が猛威をふるう。なんてったって、この亡霊、、不況や貧乏、人の不幸が一番の好物だしな。

Marcs

18世紀末からのマルクスの思想を基にフランス〜ロシア革命と、中世の黒死病の如く数千万の命を暴力革命で奪い、世界中の国家を震え上がらせた残虐な血の革命史。

レーニン-スターリンと世界同時暴力革命へと彼らが煽ったのは、(貧乏人=労働者=奴隷)への決起、暴動暴力のすすめー、つまり、そこにある富のアナーキーな略奪のすすめ、、、、ネ。

しかし、どんな統治システムでも支配構造はピラミッド形のヒエラルキー、船頭多くしては舟山に登る、、、。労働者たる奴隷革命も結局は、新たに形成されたピラミッドの中での新しい王に首をすげ替えるだけ。

所詮、フツーの奴隷は、一生、フツーの奴隷の立場に代わりないじゃん。

人類皆平等なんてのは幻想ー
生まれた時の環境だって千差万別ー
格差、、、上等じゃないの?人、それぞれ持って生まれた器もあるし
力のある優秀な者がトップに立つのも当たり前じゃないー?

逆だったら、困るしネ、、。

奴らの甘言に誘われ乗ったら最後、即、赤い亡霊の白蟻軍団に、国と国民は骨の髄までむさぼられてしまう。

週末に波乱材料満載、米ビッグ3の行方次第で危機再燃も
 2008年 12月 13日 15:43 JST

ゆするなー
たかるなー
妬むなー
ひがむなー
格差社会と名付けて、己れの不運の言い訳に使うなー

悪魔はいつも我々のそんな劣情に囁きかけているから。

〜♪『インターナショナル』

フランス革命の時に作られ、かてのソ連邦の国家だった歌。

あな、おそろしや、、、。

”神も皇帝も死んじまえ”〜?と、原詩にあるの。
今ではエリートによる 寡頭支配と、奴隷=労働者という”市民”=”コスモポリタン”と呼ばれるで成り立つひとつの世界への誘う。
そこには民族国家など存在しなければ、国境もない。 国境がないから、当然、国家間の戦争はなくなるだろう。しかし、その代わりに果てしないインターウォー(内乱)が続く世界。もしくはかっての過激派ゲリラかテロか、、さもなくば、強烈な個人の監視世界による統治だろう。

現在でも、天皇陛下の国会開会宣言を拒否しつづける政党社民と共産党。
それ以外にも密かに天皇制の廃止を狙う輩が、あちこちに潜んでいる。

長い歴史と伝統ある我が国を滅ぼし乗っ取ろうと、虎視眈々と狙っている。

ミズホよ、、、。
奴隷を今度は”弱者”とラベルを変えて、トロイの赤い木馬に乗ったジャンヌ=ダルクのつもりか?

おヌシは”君が代-日の丸"に唾しても、旧ソ連の国歌の前には嬉々としてるんだね。
あの真っ赤に血塗られた国を。

護憲、9条、平和の党、庶民の味方、生活防衛、、、。

アハハ、君らが口を開き吠えるたびに 血の革命の、、、頭をかち割るハンマーと、血しぶきの鎌の金属音が聞こえるんだヨ、オバサンには。

自らに”奴隷”とか”弱者”のレッテル張りを拒む者にはネ。

▶ '''社会主義インターナショナル第23大会ー社民党'''   

これって、、、奴らの戦闘歌(軍歌)じゃんー?  

 ー起て飢えたる者よ 今ぞ日は近し     
 ー醒めよ 我が同胞(はらから)暁は来ぬ     
 ー暴虐の鎖 断つ日 旗は血に燃えて     
 ー海を経だてつ我ら 腕(かいな)結びゆく          

 ーいざ 闘わん いざ 奮い立て      
 ーああ インターナショナル 我らがもの

 聞け我らが雄たけび 天地轟きて     
 屍越ゆる我が旗 行く手を守る     
 圧政の壁破りて 固き我が腕     
 今ぞ高く掲げん 我が勝利の旗

お耳とお目直しに、、、、。

平井堅 - 君が代 日本国歌 Japan National Anthem]

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月 7日 (日)

亡国の国籍改正法

改正国籍法成立 不法滞在や人身売買懸念など課題残し見切り発車
 2008.12.5 22:20
改正国籍法採決棄権の衛藤氏ら処分も
 [2008年12月5日17時26分]
 
>>
自民党の山崎正昭参院幹事長は5日の記者会見で、改正国籍法の参院本会議採決で棄権した衛藤晟一参院政審会長代理と有村治子氏について、処分も含め対応を検討する考えを示した。山崎氏は「採決に加わり、党の主張を示すよう事前に申し合わせている」と指摘した上で、「本人から近く事情を聴いた上で対応を決めたい」と述べた。(共同)
<<

国籍法改正案可決 田中康夫ちゃん、川田龍平はまともだった。馬鹿は安住淳。

付帯決議案

▽改正国籍法の施行状況を半年ごとに国会に報告する
▽父子関係を科学的に確認するDNA鑑定導入の必要性を検討する
▽国籍取得の届け出に疑義がある場合は父親に聞き取り調査をし、父子が一緒に写った写真の提出を求める・・・・など

↓テレビでもお馴染みのバカの安住ちゃん
何もかも組織だ、ウヨだと思ってると、そのうち状況判断間違えるよ。
Azumi
>>「特に右系の人たちの組織的な反対運動が起きた。この運動は凄まじく各議員の事務所にファックスが連日山積みになるほど寄せられた。 
 またネット上でも反対運動が起き、連日数百ものメールが寄せられた。 まさに意図的、組織的な運動だった。 
 これに呼応して自民党や野党の一部の議員も改正案の反対にまわり参議院での採決が長引いてしまった。 
 確かに虚偽の認知の防止をどうするかなど、まだまだ完璧ではないかもしれない。 しかし、この世に生まれた子供達には、親たちの身勝手な行動による不利益を背負わせるわけにはいかないと私は思っている。 
 それに最高裁での判決が出ているのに立法の不作為は許されないのだ。 
 実は何よりもこの問題で私が心配したのは、前記したネットやファックスでの抗議行動である。一部の人が多数を装って異容な抗議行動をやる。 
 今回はネット社会の負の部分をまざまざと見た思いだった。 こうしたことで法案の審議や議員の自由な政治活動に支障があっては、国会がおかしくなる」(安住淳が斬る 「国籍法改正」より)
<<

 
チベットやウイグルでは、まずは大量の漢民族が移住し、現地の男性は去勢、女性は強姦し、無理矢理民族の血を絶滅へと導いているという。ロシアのシナ人も1000万人を超え、わずか2000万足らずの人口のオーストラリアでも数百万の支那移民がいる。

DNA鑑定も伴わない日本人男性による認知だけの国籍授与。

この法案が近い将来、<人権擁護法案><外国人参政権>の付与につながり、異国民による日本統治、国内異国がぼこぼこ生じることになる。
竹島ーそして対馬、沖縄だけでなく、日本まるごと乗っ取られる恐怖が現実となってしまったかのよう。
改正の修正の余地は今後、あるのかしらん??
 
水島総 地上波で国籍法発言

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年11月 | トップページ | 2009年9月 »