防災&危機防衛

2005年7月10日 (日)

備蓄計画(2)究極の防毒マスク

怖いのはモチロン地震だけではない。
早速首都圏も防テロ対策をってことでゴミ箱撤去を始めたようだ。

それにしても10年前の地下鉄サリン事件、あのテロの恐怖が蘇る。怖いのは爆弾だけでなく、やはりサリン、炭疽菌などの生物化学兵器が切実。
madamが毎日チェックしている、二階堂ドットコム(左のリンク参照)では、とうの昔に炭疽菌テロの警告を発している。友人の医者に炭疽菌用のワクチンはないのかと尋ねてみたが、おいそれとは手に入らないようだ。

また、即効性のない天然痘の菌を蒔かれたら、潜伏期間がある上、保菌者が自覚もないまま二次感染、三次感染とさながら中世ヨーロッパにおける地獄絵図が展開されることも想像できるだろ。
その時、感染被害をどう押さえるかという課題は、石原都知事の頭を悩ませているらしく、しかも例の人権、個人情報の守秘義務とやらで対処が妨害される恐れもある。しかし、『例え憲法を破ってても被害を押さえ、テロと闘う』とは、力強いお言葉に感謝!
やはり、10年前の阪神淡路大震災の時の「初めてのことだから、どうすればいいかわからなかった」という様な、救助体制の遅れを言い訳した村山トンオジとは、意気込みだけはエライ違いだ。

ーということで、madamはとっくに、放射能も除去できるといういかにも物騒な防毒マスクを購入していて、友人が来る度に自慢している。
「オオゲサナ〜!」と友達、「お守り代わり〜!」と一緒に笑って応えてきたが、なんだか、冗談では済まなくなりそうな気もするから、ちょっとコワイ!とっさの場合に付け方練習しておかなきゃ!

しかし、イスラム系組織は、やはりどうしても日本人には馴染みが薄い、容姿的にもかなり目立つし。アメリカのイラク攻撃を支持した日本が次なる襲撃ターゲットとも噂されるけど、日本の場合はまた違ったケースも考えられるだろう。
地下鉄サリン事件は、テレビなどの公けのメディアで語られることはないが、あれが半島系の勢力と通じていたのは、知ってる人には常識中の常識。最近話題の村上龍の『半島を出よ』なんて小説や、また佐々木敏氏の『ラスコーリニコフの日』なんてのも、ノンフィクションばりのゾクゾクする物語だ。拉致テロも、まだまだ解決には程遠いし、核保有という新たな恐怖も加わっているからね。。。困ったものだ。
とりあえず、大掛かりな警備は国を信頼して、個人としては考えられうる全ての準備をしておこう!

下水道が止まった時も考慮して、簡易トイレも準備しました。
便器や箱にセットして、固めるタイプです。
天使のオマル

防毒マスクで検索してみてね!
TH-1HA一個8000円くらいしたよ!

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005年6月 3日 (金)

備蓄計画(1)食料

昨昨夜の6月1日に東京震源地で最大震度3の連続地震があった。
すごい。。。!地震予知協会の予知、またあたったのですね!
この連続地震が直接直下型の大地震に結びつくかどうかというのは専門家に任せるとしても、
”なんかイヤ〜なカンジ。。。”ってのは誰もが思ってるところだろ。
しかも今朝早くに、午前1時50分に青森震度3、熊本天草震度5ってくりやぁ〜。。。。!!
madamが名付けた三拍子説では、リズム間が限りなく縮小されている。次もやっぱ本州中央部分???
最近は毎晩、タンクに水を入れ、枕元に貴重品袋を置いている。あと、とっさの場合にすぐ逃げられるように、スッポンポンや下着姿で眠ることは止めにしよう!

〜さて、madam的備蓄計画、まずは 食料編〜

例えば戦争や政治的緊張関係で外国からの食料輸入がストップした場合など、中長期にわたる備蓄なら、乾パン、クラッカー、カップ麺やレトルト食品、サプリだけで済ますーというわけにはいかない。何週間、何ヶ月を想定すれば、炭水化物などの糖エネルギー源だけでなく、タンパク質、食物繊維、カルシウム、ビタミンなどやはり栄養バランスにも注意したい。しかも中長期にも笑顔で耐えられそうな見た目にもおいしそう〜ってところがミゾ!
ここにも手作りコスメを通じた食成分ノウハウを生かしたい。しかも、なるたけ安全になるべくゴミが出ないように努めたい!せめて一年くらいは保存可能で嵩張らずおいしく健康を保てるようにと優先順位でピックアップしてみました。

(a)炭水化物
米 :常時10キロは備蓄してます。(玄米状態)
ホットケーキの素 :1キロ クレープにもなるし。。。
素麺 :1年こしてもおいしいので重宝します。すぐ茹で上がるし。
ソバ、うどん、パスタ、シリアル :2キロ 乾麺
上新粉 片栗粉 小麦粉 春雨: 各一袋100〜500グラム

(b)野菜
コーン マッシュルーム トマト ビーンズなどの缶詰類 結構多めに10〜20缶ずつ
金時豆 大豆 小豆などの乾物
ネギ、椎茸、スライスにんにくなどの乾燥野菜 ドライベジタブル
豆乳の素 高野豆腐 お麩 わかめ マッシュポテトの素
葉菜は冷凍野菜 (冷蔵庫に保存可能な量)
梅干し 味噌 青汁
*野菜は大量消費するから結構多めに買っている

(c)肉 魚介類 :缶詰で。。。オイシソウ〜
ツナ缶 サケ缶 アジ缶 カニ缶 ほたて缶 アサリ缶
コンビーフ ソーセージ缶 冷凍肉魚 
乾物ジャコ系 おつまみ系 (イカ、スルメ、カワハギとか) ふりかけ類

(d)卵 乳製品
バター スキムミルク 生クリーム缶 ウズラの卵

(e)果物類
ドライフルーツ  パックジューズ 缶詰類 冷凍ゼリー

(f) 調味料他:使用するよりひとパック多めに常備
塩 醤油 砂糖 味噌 食用油 ゴマ だし類

(f)嗜好品
お茶 コーヒー チョコレート キャンディ クラッカー類

さて、どうでしょう?
madam的には便利だけど嵩張るのとゴミ出すのがメンドイので、肉魚以外はなるべく乾物を多めに取り揃えております。(重いしね〜)
調理に手間がかかるものもあるけど、非常時でもスローライフを実行するのもいいかな〜て!
どんな時でも心だけはゆったり余裕持てたら素敵ですから。
おネギや、パセリ、バジルなどの薬味は、ちっちゃなベランダでも簡単に栽培できますから、日頃のちょっと使いにも便利ですよね〜。

買い物に行った時少しずつ、また生協さんでまとめて注文したり。。。備蓄にもお金がかかるので、毎月の食費予算から少しずつ買い足していきましょう。
賞味期限も大事なので、日付のラベル張りや整理も大切ですね。半年くらいで買い足しながら消化していくのが理想かとも思いますが。。。。
ーなんて、サケの水煮缶、ついおいしそうでひと缶空けてしまいましたが。。。非常用が日常になってしまうのがちょっと怖かったりして!

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005年6月 1日 (水)

心構え(2):危機のパターン分け

昨日、フランスでEU憲法が国民投票で否決されたのを受け、じわりじわりと下がり始めていたユーロが、一日で135円まで下げてしまった。つられて円も108円と円安へ。
このまま更にユーロが暴落し、円もふらつき、火薬を至る処ろに仕込まれた世界市場は一気にアメリカ不動産バブルを発火点に、世界恐慌〜世界大戦、1930年代へ逆戻りという、恐るべきシナリオもあったりする。早く、経済クライシスのオシャベリもしたいけど、とりあえずは引き続き、防災&防衛危機に対する心構えをもう一発。

ホトンドの方は、大地震に備え持ち出し用の非常袋などは既に常備なさっていると思う。
しかし、これはあくまで生命最優先の緊急の応急処置、せいぜい日帰り〜一泊の短期避難用、最低限これだけは自分で守りりなさいーということだ。
madamが前回紹介した『民間防衛』には、そんな安易な準備は防衛の範疇にも入らない。何故なら、想定される危機を周囲を異国に囲まれたスイスでは、大地震などの天災のみならず、異民族の侵入侵略、核戦争、巻き込まれ戦争、鉄道船舶航空機爆破、原発爆破放射能漏れ、国内テロ、クーデター、ストライキなど、ありとあらゆる危機に瀕した防衛対策が、語られているからだ。
特に重要なのは短期、中期、長期と期間毎に危機へ対処法を論ずることだ。つまり、、、

(1)短期:3日〜1週間分の食料、水と貴重品
大地震、災害などで局地一過性の危機。一時的な混乱があっても限定的で比較的復興が早く、政府等公的機関からの援助が早期に期待できる場合

(2)中期:1〜2ヶ月分の食料、生活必需品
これは何かしらの戦争、封鎖があって、輸入が制限された時、販売禁止、在庫は配給もしくは政府の管理下に置かれる場合
食料自給率がわずか30%、エネルギー、食料をほとんど輸入に頼っている我が国は結構深刻だったりして。。。
米、小麦、砂糖、とうもろこし、豆、油、果物、肉、魚などが対象
また、石けん、洗剤、ガソリン、なども指定されてたりして

(3)長期:1年以上
核爆発による放射能汚染 チェルノブイリ事故に見たように飲料水 肉、魚、野菜の生鮮食品は長期にわたって汚染されつづける 
地下水 湧き水は安全とされているが、牛乳 乳製品は深刻なダメージ
子供、乳幼児は特に影響を受けやすい 粉ミルク、濃縮ミルクは必須

さて、(1)は想定できるとしても戦後ずっと平和と繁栄を謳歌してきた私たちには、(2)(3)はやはり映画やSFの世界としか認識できないってのが、すなわち平和ぼけ、危機意識欠如の確たる証拠。我々はコト何か大事故があった場合、政府の対応のマズサをよく非難するが、危機管理がなってないというのは個々人に対しても同様に当てはまるだろ。
権利ばかり主張して、自らの義務には一切触れないってのは、どこぞの政党体質に似ている。何度も繰り返して言おう!

もはや、『危機管理は国民としての義務』!!

〜蜂蜜はいつも流れ出ているわけではない〜(P34)

ここ最近、大きな地震を数回目の当たりにした私たちなら、他力本願的な救助を政府や公的機関にすべて依存することが、どんなに不自由で我慢を強いられるか知っている。一個のおにぎりを求めた長蛇の列、毛布の奪い合いなど、そこには相互扶助的な美しい人間の姿ばかりでは決してなかった。他人の善意はありがたいが、できるなら事前に多めに準備しておいて、自分が究極の場合に置かれても何かしらの善意を施せる側に立てたらいいなと、madamはやっぱり思ってしまうからだ。全依存体質から、自立へ、そして理想を云えば、そう、近くの小さな子供を抱えたおかあさんやひとり暮らしのご老人などを励まし助け合える、どんな時でも与えられる側へ立てたら、ステキだろうなって!

またパニック状態になった人間ほど醜いものはありません(仕方ないけど〜)。自分だけ良ければいいという、非常事態が発令されて後の売り渋り、買いあさりは、双方とも反社会的行動です。モノがたっぷり溢れている現在だからこそ、計画的に揃えておきましょう。

モチロン、備蓄対策は長期になればなるほど出費がかさむので各自の経済状態にもよるけど、せめて(2)の中期対策を皆さまで目指してみませんか?
そしてもし、ひとりでも多くの方がこのような考え方で日々過ごしていれば、どんな危機下に置かれても、も少しまともな人間関係が見られるのではないかと期待しつつ。。。

防災&防衛に対する備蓄カテゴリーは、大雑把に以下のように分類します。

(a) 水道、ガス、電気等、ライフラインが崩壊した場合

一番復旧に時間がかかるのは水道だと云われています。
水は飲用、生活用水など、一日当たり家族ひとり各2リットル、計4リットル
先のブログで述べましたように、madamんちでは飲料水はちょっと多めに一ヶ月分ほど備蓄するようにしています。これをできれば3ヶ月分まで持っていきたいと思ってますが。。。
古いペットボトルや灯油タンクなどに生活用の水道水を常時貯めておき、週に1回くらいは取り替えましよう。やっぱり毎日2回は、洗顔したいし〜。
ガスはカセットコンロとガスボンベ、
電気はろうそく、懐中電灯、電池のストック、携帯電話の簡易充電機

(b) 衛生&下着類

洗濯できないのは致命的!生理用品&インナーは必須。madamは、紙パンツを大量買いして、非常袋にも入れてます。
乳幼児のいらっしゃる方は、オムツ類も必須
トイレットペーパー、ティッシュなども多めに常備

(c) 医薬品等
各自必要に合わせて。キズバン、消毒液等 
耳栓 アイマスク (避難所用) 大判のバスタオル 空気マクラ

(d) 食料品(一人当たり)
米 2キロ 
麺類 2キロ
オイル 1リットル
砂糖 2キロ
その他 小麦  塩 醤油 みそ 豆 缶詰類 (肉 魚) ジュース(野菜 果物) チョコレート スキムミルク 粉チーズ

(e) 特殊
防毒&ガスマスク 酸素ボンベ
ビニール袋大(ゴミ袋):防寒にも、細菌、放射能から体を守る 10枚単位で
軍手 ビニール手袋 厚手の靴下 帽子(防災頭巾?)
ラップ(臨時用)
簡易トイレ

(f) madam仕様スキンケア
ま、、、こちらは非常用ってわけでもありませんが、在庫で1年は自作できるでしょ!
精製水 (10本)
ウオッカ(5本)
ドライハーブ、またはベランダのハーブ
オイル(クリーム用)数本
ミツロウ (100グラム)
グリセリン
無水アルコール ひと瓶
お気に入りソープ(20個)
ラベンダー精油 ティトリー精油
クレイ
綿棒 コットン

。。。。と、まあ書き出してしまいましたが、ところで困った!
何がって、そうこれらの置き場所!
ーで、結局、お家の中を片っ端から片付けすることになりましたトサ!

クローゼットの中、ベッドの下、ソファーの下など、長持ちするものはありとあらゆる場所で備蓄します。
さてさて、他にもあるかなぁ〜。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

まずは心構え

『備えあれば憂いなし』
『天は自ら助くるものを助く』
『人事を尽くして天命を待つ』

乙女座A型のmadamにとって、どれも座右の銘とする好きな諺だ。
平時の時は自らの過ぎたる傲慢や欲を削ぎ戒めとし、謙虚さと自助努力を促し、有事の時はまた最高の保険と諦めとして作用する。
人生の途上で個人の努力を超えた天災、戦争、病気、事故に見舞われることもしばしばだし、また最近の激変ともいうべき変化し続ける環境&世界情勢において、個人的な危機管理はもはや国民的義務じゃないかと、煽ってみたりする。
世界は変わった9.11以来、いやもしかしたら、ベルリン壁崩壊時が冷戦構造から新世界混沌へのグラウンドゼロだったんだね、今から思うと。madamが〜シャバシャバダ〜と歌ってるうちに、世の中、すっかりドヨヨ〜ンとした暗雲に囲まれてしまったようだ。
湾岸戦争はまだ他人事と思っていた私たちも、ホラ、バブル崩壊後の失われた15年の中で(まだ続いているような気もするが、、)地下鉄サリン事件、阪神淡路大震災で今までの”安全&平和国日本”の常識を覆され、その後も首都直下型地震に怯えながらも新潟、福岡などの大地震、相次ぐ猟奇事件、ついこの間のJR西日本の大惨事と、経験してきたではないか〜?!

この混沌が、ブッシュオジサマのおっしゃるような正義と悪の枢軸国というような単純明快な枠組みに無理矢理はめこまれ、いずれは正義が悪を成敗し、見事に調和された新世界秩序が出現!〜なァんて嘘みたいな未来は、きっと誰もが心の中で”ウソくせ〜っ!”て否定していることだろ。
だって、本人の自覚でしかないものをお金や社会的ステータスなど客観的尺度で、”勝ち組”or”負け組”の二者分けなんて、チャンチャラおかしい!これはまた人生の満足度、”幸せ”それとも”不幸せ”とも置換されるから、「”幸せ”ってナァニ〜?」って各自が自分に問いかけてみて、「これだっ!」ってチラリとも感じられたら、あなたは、そう、”既に勝っているのだ〜!”
あとはその感触を忘れず、少しでも長続きするようにそのコツを習得するコトだ。
真の意味の秩序ある世界って、きっと世界中のひとりひとりが幸せ探しの旅の過程で自然に造りあげられるものなんだろーと、思う今日この頃。
ちなみにmadamは自称勝ち組!キッパリ!(周りの人はウソ〜ッ!っていうかもしれないけど?)

胸を張って確信持って断言するゾ!

だって、子供はいないけど、少々くたびれ気味だが伝書鳩のように毎日帰ってくる夫(毎日どこかで道草喰ってるが、、、)がいて、旅立ってしまったけど最後の瞬間まで一生懸命愛したお猫さまたちがいるし、不治の病い持ちだけど親も存命してて兄弟もいて、友達も沢山、たいしたヒットなくても仕事があり、趣味もわんさか、持っているもの与えられているもの、数えあげてたらキリがない。
もし、自分で負け組認定してるような人がいるなら、まずは欲しくても得られないものを数えて不幸確認するより、今、持っているものを数えて幸せ確認した方が絶対満足度増すこと、間違いないっ!

消去法より、加算法!
そしたら、誰よりも先に我れ先に勝ち組宣言しちゃおう!

さて、話はそれけたけど、そうそう、危機管理の話に戻そう。
こんなオキラク万年オメデタ回路のmadam、もし明日万が一半島方面からミサイル飛んできて死んでしまっても「皆様サヨナラ〜、お世話になりましたァ〜」とあの世にさっさと行っちゃう気がするし、また最愛の人々を失ってもしばらくの涙の後は、彼らが自分にしてくれたことを思い出しその思い出に抱かれて、やっぱ幸せに生きていけるような気もする。

しかし、しかしである。

「あの時、こうしていれば、、」とか、万が一、後悔とか心残りを残したとしたら。。。。?
それにはやはり、そんな”ム、無念、、、!””ウカツ〜!””ヌカった〜!”などの種を今から摘み取っておくのが一番であることは云うまでもない。
一説には6月15日に北朝鮮の核実験説もあるし、それに向けての米の先制攻撃だって否定しきれない。半島から日本までものの10分でノドンミサイル到着っていうから、警報前にドカンなんてのもあるかも?
慌てて立ち上げたこのブログ、地震そしてミサイル攻撃、経済クラッシュなどに備えて、どうぞ有事&非常事態の前にひとりでも多くの方の目に止まりますようにと願いを込めて書いております。
まずは、参考書としてのこのご本。これから何回かに分けて、オバサン的有事対策を披露していきたいと思います。

-『あらゆる危険から身を守る民間防衛 スイス政府編』(原書房)

suis

| | コメント (0) | トラックバック (0)